ビタミンc 効果

ビタミンC誘導体の効果と種類

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は、生体内に取り込まれ、酵素と反応することによって、ビタミンCに「なりかわる」生成物です。体内での反応のため吸収率がよく、構造的にも安定しているという特徴があります。このビタミンC誘導体は、その種類によって明確に分けられることはほとんどありません。しかしちゃんと分けようとすると、以下のような特徴があります。

リン酸アスコルビルナトリウム
短期間に吸収されやすく、コストが安め。そのため、皮膚科でよく利用されている。
リン酸アスコルビルアミノプロピル
効果が高め。安価であり、化粧品の原料として評価が高い。安全性はまだ検証不十分。
リン酸アスコルビルマグネシウム
効果が高い。皮膚科で一番選ばれているのがこれで、NO1の効力を誇る。

他の種類

アスコルビン酸グルコシド
一番安定しているビタミンC誘導体。もっとも一般的な形。刺激性も低く、保管もしやすい。
アスコルビン酸グルコシド脂肪酸
脂溶性。ビタミンCの効果はないのではないか、と言われ始めている。
パルミチン酸アスコルビル
酸化防止がビタミンCの魅力だが、パルミチン酸アスコルビルの場合は逆に酸化をさせてしまうかもしれない、と言われている。安定性もないので、廃れていくかもしれない。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル「テトライソパルミチン酸アスコルビル」
近頃字開発された。脂溶性で乾燥せず、最先端のビタミンC誘導体。

 

ここであげたのは大きな特徴ですが、どれも紫外線には弱いので、保管には注意が必要です。