ビタミンc 効果

ビタミンC誘導体の使い方を考えたい

ビタミンC誘導体が必要な理由

ビタミンC誘導体は、ビタミンを効率よく体内に取り込む上で、必要不可欠なものです。その理由を考えていきましょう。ビタミンCは、美白やコラーゲンの生成、殺菌作用や抗酸化作用など、美容と健康に欠かすことのできない成分です。そのため、積極的に取り入れていきたいところです。しかしながらこのビタミンC、問題があります。そもそもビタミンCは非常に構造が不安定で水溶性です。そのため、食事という形で取り入れても、一定量を吸収してしまうと、尿として体外に排出してしまうのです。これは「1日の必要量を1食で」とろうとしても同じことです。それなら肌から、と思っても、ビタミンCの分子は肌のそれよりも大きく、効率よく吸収してくれません。

ビタミンC誘導体の活躍と使い方

そこで力になるのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、生体内の中でビタミンCに変化します。「体の中で」起こる作用であるため、吸収率もよく、かつビタミンC以上に安定しているため、壊れにくいです。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを効率よく体に取り込むために作られたものなのです。
このビタミンC誘導体ですが、食事のみならず、化粧品としてよく使われています。特に有名なのが、ビタミンC誘導体配合の美容液(化粧水)ですね。ビタミンC誘導体の使い方としては、これがもっともメジャーなのではないでしょうか。